カジノで働く職種10つとその仕事内容について

カジノって、とても興味深い場所だと思いませんか?ゴージャスさが魅力のカジノでは、面白いゲームで運試しをしたり、有名レストランで食事をしたり、カジノリゾートが併設する有名ショッピングモールを訪問したりすることができます。そんなカジノで働きたいという方も幾人かいらっしゃると思います。カジノで働くのはユニークなタイプの仕事で、優れたスキルと冷静さが要求されます。また、すべてのカジノのゲストに対して、とてもフレンドリーでなければなりません。カジノで働くことになる職種は多数ありますので、以下にリストアップしてみました。

まずは、「カードディーラー」と「クルーピエ」からご紹介しましょう。カードディーラーは、おそらくカジノで最も輝ける仕事ですが、一定レベルのスキルが要求されます。カードディーラーは文字通り、カードに関するあらゆる仕事をしますが、ただ単にカードを配るだけではありません。テーブルにいる詐欺師やイカサマ行為を見つけるのも、カードディーラーの務めです。カジノとって、プロの詐欺師は悪夢のような存在です。

そして、誰かがイカサマをしていることに気がついたものの、どうして良いのかわからないという最悪の事態となった時に登場するのが「クルーピエ」です。クルーピエは、プレイヤーが何をしたか、そして、どうやってイカサマをしたのかを説明しなければなりません。

 

2番目にご紹介する仕事は、カジノの「ウェイター」です。カジノのウェイターの仕事は、一般のバーでの仕事と似ていますが、一番大きな違いは、怒っているギャンブラーにも対応しなければならないという点で、これはとても大変な役割です。カジノでウェイターとして働きたいのであれば、底抜けに寛容でなければならないでしょう。

3番目のカジノの仕事は、「バーテンダー」です。カジノのバーテンダーも、通常のバーでの仕事と同様です。お酒好きにはたまらなく良い仕事ですし、ゲストとコンタクトを取る必要もあまりありません。

4番目にご紹介するのは、「キャッシャー(出納係)」です。なかなか面白い仕事ですが、少々退屈です。同じことばかり繰り返さなければならないので、しばらくしたらうんざりしてしまうかもしれません。

5番目にご紹介するカジノの仕事は、「料理人」です。大規模なカジノには必ずレストランが併設されていて、言うまでもなく、どんなレストランでも料理人を雇う必要があります。

6番目のカジノの仕事は、「カジノマネージャー」です。これは素晴らしい仕事で、毎日が新鮮ですし、給与も高いです。ただし、多くの心配事がつきもので、スタッフへの支払いや収益など、経営における責任を負う必要があります。高給な職ですが、もし重い責任を負いたくないのであれば、別の仕事を探しましょう。

また、カジノには「警備員」が必ず配備されます。これが次にご紹介する仕事ですが、なかなかタフな仕事です。カジノではゲストが攻撃的になったり、無礼な態度を取ったりすることがありますが、そんな時は警備員の出番となります。大金を失うと、人はたいていコントロール不能となるので、彼らを落ち着かせ、それが駄目なら実力行使に出るのが警備員の務めです。

 

警備員の次にご紹介するのは「監視員」です。すべてのカジノには監視システムがありますので、誰かがそれを制御する必要があります。

9番目の仕事は「管理人」です。これは他の機関での管理人の仕事と同じです。

 

そして、最後になりましたが、カジノでは「カスタマーサービス」で働く人材も必要となります。